タイ

α6500で撮る夜景。ランタンが上がる幻想的な街チェンマイ【動画あり】

あけましておめでとうございます!
バタバタしているうちに新しい年を迎えることになりました。
チェンマイに来て20日ほど経ちましたが生活も落ち着いてきたかな〜と思っていると予想外のトラブルに出くわしたりとタイらしい生活(?)をしています。

そんなチェンマイでどんな風に新年を迎えようかと悩んでいたのですが、折角なのでチェンマイらしい雰囲気を味わえる場所で年越しをしようと旧市街東側のターペー門付近へ出かけてきました。
普段生活をしているニマンヘミンエリアは旧市街から西に外れた場所。ターペー門までは4km近くあるのですが年越しの雰囲気を味わおうと1時間近くかけて歩いて行ってきました。
出来るだけ身軽にしたいので持ってでたカメラはSonyのミラーレスα6500にzeissの24mm単焦点レンズ。普段は扱いにくい焦点距離のレンズですが今回の選択は正解でした。

旧市街ターペー門

遠くからでも空に舞い上がる多くランタンの光が見えて幻想的な風景。
ターペー門付近に着くと多くの人がコムローイと呼ばれるランタンに火を付け空へ上げています。
DSC05826

チェンマイは11月に開催されるランタン祭りイーペン祭が有名な場所。11月の祭りとは規模が全く違うようですが、それでも十分魅了されました。
DSC05838

ここはヨーロッパですか?というくらいお堀のまわりは外国人で溢れかえっており、皆それぞれの想いを込めたコムローイを上げる姿に心打たれるものがありました。

sony α6500で撮る夜景動画

写真も動画も夜景を撮るならカメラはα7sがいいのですが今回はα6500。f1.8と明るい単焦点レンズとの組み合わせたことで手持ちでも綺麗に撮ることができました。

こんな素敵な場所で新年を迎える事が出来たので2018年は良い年になりそうです。
2018年もどうぞよろしくお願いします!

東南アジアのホテルの予約はagodaが安くて便利! 特に東南アジアの取扱宿泊施設数の多さはagoda。

ABOUT ME
アバター
KOICHI MAKINO
映像作家 / WEBディレクター 標高1,000mの高原にて生活。デジタルな制作環境をアウトドアフィールドの中に置き遊びと仕事の境界線を曖昧にしたライフスタイル。 ますます国籍や場所を問わない時代に。世界中どこでも生活・仕事・制作が出来るスタイルへ。