ライフスタイル

海外旅行にオススメのボディバック!Patagonia Atom Sling 8L。

皆さん海外旅行に行くときには、どのようなカバンを持っていきますか?
キャリーバッグにボディーバッグ?
バックパック1つで世界中を旅する人もいるでしょう?

僕は、キャリーバッグorバックパックにもなるダッフルに、ボディーバッグを追加して持っていきます。オススメのボディーバッグはPatagoniaのアトム・スリング!

パタゴニア アトム・スリング8L

使ったカバンは「Patagonia Atom Sling 8L」ボディーバッグ。
8リッターのバッグで外側にコンプレッションベルトを備え、タオルやアウターなどを固定することができます。

ボディーバッグ1つで旅行してみる!台湾・台南へ

自然と多くなる旅行の荷物。少なくしようと試みるも、やっぱりアレもコレもと増えるますよね。荷物を少なくするのって難しい!
でも割り切り次第では、極少の荷物にすることもできます。

そこで思い切って極端に少ない荷物で出かける実験をしてみました。

今回は目的地を台湾・台南市しました。
日本から台北まで持ってきたキャリーバッグを台北のホテルへ預けて台南まではボディーバッグ1つにしてみます。

dsc04249普段使っているPatagonia Atom Sling 8Lを1つ持ってきていたのですが、今回はパートナーがいるので台北のPatagoniaストアで1つ追加購入。
ふたりともボディーバッグのみです。

What’s In My Bag? カバンの中身を紹介!

荷物の内容は2泊程度を想定して考えてみました。
無論カメラは必須なので、それ以外を可能な限り少なくします。

In My Bag
  1. ボディーバッグ Patagonia Atom Sling 8L(今回はこれがメインバッグ)
  2. Panasonic ハンディ・トワレ(アジア旅行ではもはや必需の携帯ウォシュレット)
  3. 使い捨てコンタクトレンズ
  4. ナイロンジャケット Patagonia Super Cell JKT
  5. 頭痛薬
  6. マネークリップと小銭入
  7. 腕時計 CASIO PRO TREK PRW-1000J(古いけどソーラーで電池の心配なし)
  8. パスポート(ホテルチェックインに必須)
  9. シャツ Patagonia Fezzman Shirt
  10. ショートパンツ Patagoni Stretch Wavefarer Walk Shorts(海水パンツにもなるショートパンツ)
  11. 下着(パンツと上半身用を1つずつ)
  12. モバイルバッテリー Anker Astro E4 13000mAh
  13. Apple Lightning SDカードリーダー(一眼レフで撮影した写真をiphoneで加工しUP)
  14. USBケーブル(micro USBとiphone用 lightningケーブルが2in1)
  15. カメラ Sony α7s II(これ一台で写真も4K動画も)
  16. iPhone6 sim free(海外ではプリペイドsimを入れて利用)
  17. カメラバッテリー(α7s用3つとosmo用3つ)
  18. DJI Osmo mobile(iPhone動画撮影の手ブレを無くす魔法のスティック)

時期は11月中旬、この時期の台湾は寒い時で20度、暖かい日は30度近くになります。
dsc04190服装は、半袖のシャツとジーンズ。
着替えと寝間着を兼ねて追加でショートパンツ、半袖のシャツを1枚、靴下1、下着パンツ1、肌着1を圧縮袋に入れて圧縮。荷物を小さくするには、衣類圧縮袋が大活躍!かなり小さくなります。
パソコンは持たずiphoneのみ。iPad程度はあっても良かったかもしれませんが、割り切ることも大切。
もし寒かったり、雨に降られても大丈夫なように、ナイロン素材のパーカーを一枚準備。
映像制作をしている者としては、どうしても撮影機材を持っていきたいので、肩からカメラを1台ぶら下げ、さらにiPhone撮影用防振機材「DJI OSMO MOBILE」を追加。

衣類は少ないですが、これだけで洗濯をしながら数日の旅に対応できます。個人的にはコンタクトレンズが切れたら旅を続けられないので、期間が長くなる場合はメガネが良さそうです。

ナイロンパーカーを丸めてボディーバッグに外付けし、カメラは肩がけ、それ以外は全てボディーバッグに収まりました。(ちょっとパンパンです)dsc04216

台北から台南へ出かけたのですが、とにかく荷物が少ないので歩きまわりながら多くのシーンを撮影することができました。
今回はホテルの予約もせずに現地へ出かけたので、台南到着後もホテルを見つけるまでは荷物と共に移動する必要がありました。
もし大きな荷物があったら、直ぐにホテルへチェックインするか、汗だくになりながら荷物引きずり歩き回ることになっていたでしょう。

洋服が少なくて済む暖かい国だから出来るライトパッキングですね!

パソコンが必要ならライトウェイトトラベルトート!

期間が長くなると現地で仕事をする必要があったりと、macbook proも持ち歩きたいのでこれほどのライトパッキングはできませんが、工夫次第でかなり少なくすることができます。
ノートパソコンを持ち歩くなら、個人的オススメバッグは「Patagonia ライトウェイトトラベルトート」。トートバッグですが、バックパックとして使かえます。畳んで内ポケットに織り込めば、ポケットサイズにまで小さくなります。

今回は極端な実験をしてみましたが、ボディーバッグ1つあると海外旅行の街ぶらにも便利です。
治安が不安な海外の都市でも、バッグを胸の前に持ってくることでスリ防止にもなります。

最後に今回の旅を含めて2016年の旅の動画をまとめました。
次回はどこへ出かけましょうか。

ABOUT ME
アバター
KOICHI MAKINO
映像作家 / WEBディレクター 標高1,000mの高原にて生活。デジタルな制作環境をアウトドアフィールドの中に置き遊びと仕事の境界線を曖昧にしたライフスタイル。 ますます国籍や場所を問わない時代に。世界中どこでも生活・仕事・制作が出来るスタイルへ。