ライフスタイル

世界遺産「ラオス・ルアンパバーン」を観光

ルアンパバーンって?

メコン川とカーン川との合流地点にある自然豊かな町、ルアンパバーン。1995年にユネスコによって街全体が世界遺産に指定された歴史・文化遺産の町。
過去にはNewYork Timesに「世界で一番行きたい国」に選ばれたラオス。その中でも最も美しい町といわれる古都・ルアンパバーンへ。

友人に「のんびりと過ごせ、人々は優しく、アジアらしさと欧州らしさを持った魅力的な場所」と紹介されてから、次の旅では是非訪れようと決めていた場所です。
訪れて感じたのは、まさに紹介どおり!特に旧市街は夢の国に来たのではないかと思うほど不思議な感覚を覚えました。旧市街はフランス植民地時代の影響を色濃く残すコロニアル様式の建物が並ぶ町並み。町の中にはラオスの伝統建築・オレンジの屋根の寺院が数多くあります。
個人的には、東南アジアの世界遺産観光で一番オススメの場所「ルアンパバーン!」

旧市街の町並み

人々は明るく笑顔で、早朝には僧侶の托鉢が見られます。夕日の沈む時刻は町がオレンジの光に包まれます。

メコン川を渡る僧侶日が沈む前にメコン川を渡る僧侶の姿。

街自体が小さいので、活気あるナイトマーケットやコース料理が食べられるレストラン、多くの人が群がる屋台まで、他の都市では感じられない雰囲気を歩ける範囲で感じることができます。

ルアンパバーンで是非訪れて欲しい場所をまとめています。
>> ルアンパバーンで是非訪れて欲しいスポット

おすすめの本

旅するラオス・ルアンパバーン案内+ついでにハノイ&サパ

インスタ映する写真と素敵な文章。ルアンパバーンに行くなる是非持って行きたい本。パラパラとページをめくるだけで、ルアンパバーンに行きたくなります。

 

東南アジアのホテルの予約はagodaが安くて便利! 特に東南アジアの取扱宿泊施設数の多さはagoda。

ABOUT ME
KOICHI MAKINO
映像作家 / WEBディレクター 標高1,000mの高原にて生活。デジタルな制作環境をアウトドアフィールドの中に置き遊びと仕事の境界線を曖昧にしたライフスタイル。 ますます国籍や場所を問わない時代に。世界中どこでも生活・仕事・制作が出来るスタイルへ。