ライフスタイル

旅のモバイル環境と仕事術

1年を通して仕事・プライベートで様々なところへ出かけます。どこへ行くにも持ち歩くカメラ、MacBook Pro又はiPad mini。旅先でもこれさえあれば一通りの仕事をこなすことができます。年々コンパクト、便利になるモバイルオフィス環境について書いてみたいと思います。

自宅でも旅先でも悩まされるのが印刷物。できる限り資料はデジタル化しプリントすることなくPDF等で相手先へメールで済ませるようにしています。
そんな時に便利なのがモバイルスキャナ。旧モデルですがScansnap s1100を愛用しています。現行版ならiX100。

scansnaps1100
頂いた資料や名刺は全てスキャンします。スキャンしたファイルは設定で自動的にOCRで文字認識されEvernoteへ登録されるようにしています。
旅先ではモバイルスキャナさえ邪魔ですよね。そんな時はスマートフォン向けのスキャナーアプリで解決します。オススメはEvernoteが出しているスキャンアプリScannable。スマートフォンのカメラで 資料を撮影し、そのままEvernoteへ保存できます。どうしても手元に残しておきたい物以外は、何でもスキャンしてゴミ箱へ。こういった効率化は徹底的にやらないと効果は薄れてしまいます。
Evernoteならインターネットにさえ接続されていれば、MacだろうとiPhoneだろうと直ぐに資料を検索閲覧することができます。過去の資料も全てEvernoteでクラウドへ保存されているので、これだけでモバイルオフィスの完成です。
ちなみに便利よく利用するためにEvernoteは有料のプランを契約しています。
Scansnapも現行モデルならケーブルレスでMacやPCだけでなくiPhoneやiPadへも転送できるので便利ですね。職種にもよるでしょうがiPad Proなど最新モデルにすればパソコンすら必要ない時代になってきました。

マイクロソフトキーボードそういう自分も最近は、文章やメールを書くだけならiPad miniを使うことも多くなりました。なにしろボディーバッグに収まりいつも持ち歩けるので、時間や場所を問わず作業することが出来ます。ただiPadだけで長文を書くのは少々不便。やはりキーボードがあると作業効率がグッと上がります。そこでオススメなのがMicrosoftの薄型折りたたみキーボード(Universal Foldable Keyboard)。iPadケースにキーボードがセットになったものも売られていますが、普段キーボードを使わない時にはiPadだけの方が使いやすいので個人的にはキーボードは独立しているほうが便利。とても薄いのでボディバッグに入れて持ち歩く際にも邪魔になりません。

旅のボディバッグ
たったこれだけで海外で仕事をすることも出来ます。
スマートフォンかiPadはシムフリーにしておくと安心して国外へ旅に出られます。

ここ数年でモバイル環境は格段に進歩し、場所を問わず仕事も遊びも楽しめるようになりました。
ただ、いくら技術が進歩し便利になっても環境への配慮と人とのコミュニケーションは忘れてはならない大切なキーワード。
大きな変化の時代、もっと便利にわがままに、いろんな所で生活してみても良いのではないでしょうか?
思っている以上に世界は狭く感じられるかもしれませんよ。

 

ABOUT ME
KOICHI MAKINO
映像作家 / WEBディレクター 標高1,000mの高原にて生活。デジタルな制作環境をアウトドアフィールドの中に置き遊びと仕事の境界線を曖昧にしたライフスタイル。 ますます国籍や場所を問わない時代に。世界中どこでも生活・仕事・制作が出来るスタイルへ。