写真

ソニー RX100 M6が発表!高級・最強コンデジが更にモンスターカメラに!

突然の発表でした!
ついにソニーの高級コンデジ、 RX100 の6世代目( M6 )が 発表 されました。
発売は6月22日、価格は14万円前後。

長年RX100を使ってきまいしたが、今回のスペックは全く新しいRX100と言って良いのではないでしょうか。
なんと言ってもレンズ規格が今までと全く違います。200mmまでの高倍率ズームレンズ!
しかもカメラのサイズは今までとほぼ同じ!

RX100というカメラが、どのように優れているかは、過去にこちらで書いています。

旅に最適!ポケットからサッと出せる高画質カメラ | SONY RX100海外旅行へ行く前に新しいカメラの購入を検討している人も多いですよね〜。 僕は旅行の前になると、今回はどのカメラを持ち出そうかと悩みます...

さらにRX100M5Aまで追加発表されました(2018-7-3)

予想外のRX100M5A発表!M6,M5との違いや進化は?ソニーから高級コンデジ、RX100M6に続きM5A発表!新画像エンジン搭載でAF性能向上!その進化は?買い換えるべきか否か?...

歴代と比べたRX100 M6主な特徴

特筆すべき、歴代RX100から大幅に変わった、または新しくなった点は

  • ZEISS バリオ・ゾナー T*レンズ 24-200mm f / 2.8-f / 4.5
  • ピクチャープロファイルHLG(Hybrid Log-Gamma)搭載で、4K HDR動画撮影
  • タッチフォーカス

細かなスペックアップたくさんありますが、今回はこの3点に尽きると思います!
今まで24mm-70mmと標準ズーム域だったレンズが望遠200mmになりました。そのかわりトレードオフとしてレンズの明るさがf2.8〜と暗くなりました。この点は後で触れます。
さらに4K HDRの動画撮影ができるようになりました。HDRがどういうものかというと、明るいところ〜暗いところまでを記録したもの。

動画制作を仕事にしている僕からすると、これだけでも今回は買い替えを考えてしまいます。
今まではコントラストの低いLOGというカラープロファイルで撮影し、編集で調整して実現していたダイナミックレンジの広い画が、HDRで手軽に撮影できる。これはすごい!

ソニーストア

高倍率ズームレンズと高速オートフォーカス

歴代のRX100は初代M1とM2が28mm〜100mm 、M3からM5までは24mm〜70mmといわゆる標準ズーム域のレンズが搭載されていました。
今回のRX100M6は、24mm〜200mmの高倍率ズームレンズを搭載しています。
トレードオフとして今まではf1.8-2.8だった明るさがf2.8-4.5と暗くなってしまいました。
これがどういう事かというと、広角24mmではf2.8が絞り開放値で、望遠200mmではf4.5が絞り開放値。
暗い場所でシャッタースピードが遅くなるのと、ボケにくくなったということでしょう。

進化した画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)と最新の高速フロントエンドLSIの組み合わせが、高解像と低ノイズの両立や、AF検出速度・精度の向上を実現。

と発表されているので、暗い場所では今までよりも高感度で撮影することでシャッタースピードも気にならないかも。手ぶれ補正機能も強力なので問題にならないかもしれません。
このあたりは早く実機で撮影して確認したいですね!

理想はf1.8〜か、またはf2.8通しだったら最高なのですが求めすぎです。素直に一眼レフを使いましょう。
きっと開発は大変だったでしょう。ソニー技術者の苦労を想像してしまいます。

4K HDR動画撮影

コンデジの動画撮影機能に4K HDRが搭載されるとは思ってもいませんでした。
もうこのカメラ1台でリッチな作品作りができそう!
「高倍率ズームにHDR」
今までカバンにカメラ、レンズ、モニターなど沢山の機材を入れて行動していた苦労は一体・・・。
今回発表されたHDR動画は必見です。

タッチフォーカス

ソニーαシリーズなどでは当たり前になったタッチフォーカスがついにRX100にも搭載されました!
RX100M5を購入したに、あれば嬉しい機能の一つだったのですが、ようやく実装。これですばやく思い通りのピント合わせができるようになります。

ポケットに入る最強コンパクトカメラ。これを買ったらますますミラーレスカメラの出番が少なくなりそうです。

こちらの過去記事もどうぞ。

旅に最適!ポケットからサッと出せる高画質カメラ | SONY RX100海外旅行へ行く前に新しいカメラの購入を検討している人も多いですよね〜。 僕は旅行の前になると、今回はどのカメラを持ち出そうかと悩みます...
ABOUT ME
KOICHI MAKINO
映像作家 / WEBディレクター 標高1,000mの高原にて生活。デジタルな制作環境をアウトドアフィールドの中に置き遊びと仕事の境界線を曖昧にしたライフスタイル。 ますます国籍や場所を問わない時代に。世界中どこでも生活・仕事・制作が出来るスタイルへ。