ガジェット

高級キーボードHHKBってオススメなのか?

みなさん、キーボードは何を使っていますか?
ラップトップPCの人は特別なキーボードを使っていないと思いますが、自宅やオフィスで大画面モニターにに接続したり、iMacやデスクトップPCを使っている人はキーボードを使っていますよね。

長らく自分もMacのデフォルトキーボードを利用していました。Macbook Proならそのまま、iMacなら付属のMagic Keyboard。どちらも似たようなフィーリングで薄型なのでタイピングもペタペタという感覚。決して悪くないし、キーボードなんてなんでも同じと思っていました。
それがHHKBと出会うことで180度考えが変わりました。結論からいうと、ライター、プログラマーなどパソコンとの接する多くの時間はキーボードを触る職業の方にはおすすめです!逆にマウスをメインに仕事をするデザイナーなどの方にはオススメしません。

HHKBとは

HHKB(Happy Hacking Keyboard)は、PFUが販売するプログラマーやライターなどプロフェッショナル向けのキーボードです。
キーストロークが深く疲れにくく、静電容量無接点方式のため強く押し込まなくてもキー入力ができ高速タインピングを可能にします。

高すぎる値段

一部のマニアのためのキーボードという認識でした。なにせコンパクトなキーボードなくせに、お値段3万円弱。コンパクトなキーボードに3万円も出すなんてマジキチです。

気持ちの良い打鍵感

購入したのはHHKB Pro Type-S。HHKB Proシリーズの中でも静音タイプのキーボード。
基本Mac使いなので、Apple純正のキーボードを長く使っていました。薄型でペチペチという感覚。一方HHKBはストロークが長く粘り気があるという感じ。ボキャ不足で表現しにくい独特な打鍵感。スコスコ、コトコト、サクサクという音と感触。

見た目が美しい!

余計なものを削ぎ落とし(十字キーすら)シンプルで無駄のないデザイン。プロダクトしても美しく、部屋に飾りたくなるほどです。僕は見た目の美しさから無刻印モデルを選びましたが、できればキーに刻印のある普通のモデルがおすすめです。特殊なキー配列なため慣れるまでは混乱します。

HHKBのデメリット

すごくオススメなHHKB。もちろんデメリットもいくつかあります。

  • 慣れるまでは1週間ほどは我慢が必要
  • 一度慣れるとその中毒性からHHKB以外のキーボードで仕事したくなくなります。
  • キーボード自体に高さがあるので、パームレストが欲しくなります。
  • 持ち歩くためにケースやキーカバーが必要になり荷物が増えます。
  • 周りから変人扱いされます。

手放せなくなるほどオススメ!

正直、一度このHHKBに慣れてしまうと他のキーボードでは満足できなくなります。毎日何時間も使う道具が気持ちよく使えるのは生産性もあがります。

最初は「キチガイのためのキーボードで興味はあるけど購入してまで使うものじゃないな」と思っていました。それがいつの間にかGoogleでHHKBを検索している日々。レビューや値段を眺めているうちに購入ボタンを押していました。

ノマドワーカーって持ち物を少なくする方がいいのに、どこへ行くのにもHHKBを持ち歩いてしまいます。大切なHHKBを持ち歩くためにケースとキーカバーまで持ち歩いているので全然スマートではありません。

出会わなければ、買わなければ、今も普通のキーボードでも満足していたかも。
さぁ次はあなたの番です(笑)

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S 英語配列/白 PD-KB400WS

ABOUT ME
アバター
KOICHI MAKINO
映像作家 / WEBディレクター 標高1,000mの高原にて生活。デジタルな制作環境をアウトドアフィールドの中に置き遊びと仕事の境界線を曖昧にしたライフスタイル。 ますます国籍や場所を問わない時代に。世界中どこでも生活・仕事・制作が出来るスタイルへ。