SEO

SEO対策 タイトルをつけるときに気をつけること

SEOとはGoogle対策!これは以前の記事でも書きましたがYahoo!JAPANもGoogleのエンジンを採用しているので、全体の95%近くの人がGoogleの検索エンジンを使って検索しています。

Google対策をすれば、検索エンジンの大部分の対策になるということですね!

それでは具体的にどんなことをすれば良いかというお話をしていきたいと思います。

今回はタイトルをつけるときの注意点について説明します。まずは簡単に「内部要素」と「外部要素」について説明して、最後にタイトルについて説明したいと思います。

Googleは内部要素と外部要素を評価する

Google検索エンジンのアルゴリズム(*)は非公開なのですが、今までの数多くのSEO施策から分かっていることがあります。それがGoogleは内部要素と外部要素を評価しているということです。

(アルゴリズムとは処理の手順のことです)

内部要素

内部要素とはサイトやページの内部に関することです。

  • タイトル
  • HTMLが正しく記述されているか
  • XMLサイトマップ
  • ページの表示速度
  • スマートフォンに対応してるか
  • コンテンツはユーザーの問題を解決できてるか

などです。

これら全てを押さえてページをつくる必要があります。「キーワードにはこういう文字を入れる」「文字数は何文字以上」「タグをここにいれると良い」などの施策をすれば上位に表示されるかというと、そんなに単純ではありません。全ての要素を丁寧に作りこむことで徐々に上位表示されるようになります。

複雑なことが多い部分ですが、基本的にはwordpressとテーマを使っていれば気にしなくても大部分はカバーされます。wordpressは本当におすすめ!

外部要素

内部要素に対して外部要素はウェブサイトの外の要素。他のサイトからのリンクなどが外部要素です。これも単純にリンクが多ければ良いというものではなく、質の良いサイトからのリンクやユーザーの問題を解決できるページへの正しいリンクが高く評価されます。

一時期SEO対策会社が被リンクを多く貼ることで対策をしGoogleからペナルティを受けました。むやみに被リンクを増やすのではなく、自然にリンクが増えるように質の良いコンテンツを作りましょう。

タイトルを付ける際に気をつけること

内部要素対策の初めの一歩はタイトル。ページを作る上で重要なのが「ページタイトル」です。HTMLの要素では<title>タグで記述される部分のことですが、wordpressやブログを書いている人はタグを意識しなくてもページタイトルをつけることができます。

タイトル wordpress投稿画面

ページタイトルをつけるときに気をつけたい点があります。

  • ページ内容を伝えるわかりやすいタイトルをつける
  • 28文字以内に収める
  • 全てのページで個別のタイトルをつける

わかりやすいタイトルをつける

ページコンテンツの内容がわかるわかりやすいタイトルをつけましょう。「それがわからないんだよ…」という方、安心してください。

悩んだときは「最初の見出し」になるテキストやページの「最後のまとめの見出し」になる部分をタイトルにすると良いです。

タイトルは28文字以内に収める

わかりやすいタイトルでも長すぎてはダメ。SEO対策では適切な文字数は28文字以内とされています。

理由は長いタイトルはGoogle検索した時に「…」と省略されてしまうから。重要なタイルが表示されないとページ内容を適切に伝えられません。クリック率も下がってしまうこともあります。28文字以内というのはあくまで目安で何文字までが表示されるかはGoogleの仕様変更に左右されるので、短くわかりやすいタイトルをつけましょう!

タイトルが長いと省略される

全てのページで固有のタイトルをつける

検索エンジンにはとある原則があると言われています。それが1ページ1コンテンツ。この原則は、コンテンツが重複せずにユニークである必要もあります。Googleアルゴリズムは複雑で賢いのでページタイトルが同じでもページ内容が異なれば、異なる別のコンテンツと判断するでしょうが、タイトルが同じではユーザーは異なるコンテンツと検索結果からは判断できなくなってしまいます。

わりとあるのが、企業名やブランド名などをページタイトルに設定して全てのページで同じタイトルになっている例があります。

全てのページでユニークなページタイトルをつけましょう。

今回はページタイトルについての基本を紹介しました。基本の知識ですが意外と出来ていないサイトもあるので、ぜひ参考にしてみてください。
悩んだときは「最初の見出し」または「最後のまとめの見出し」になる部分をタイトルにする!です。

ABOUT ME
アバター
KOICHI MAKINO
映像作家 / WEBディレクター 標高1,000mの高原にて生活。デジタルな制作環境をアウトドアフィールドの中に置き遊びと仕事の境界線を曖昧にしたライフスタイル。 ますます国籍や場所を問わない時代に。世界中どこでも生活・仕事・制作が出来るスタイルへ。